2015年05月09日

雇用統計を受けて、米ドルをロングにする理由

4月の米雇用統計では、雇用者数22.3万人増、失業率5.4%で、ほぼ事前の予想通り。

発表されたデータは、良いものと悪いものが混ざっており、一時的に米ドルは上下に大きく動きました。

アメリカのFXサイトの記事によると、以下の理由から米ドルのロングを勧めています。

1.今現在のデータが最も重要
3月分の雇用者数は8.6万人増へ下方修正され、これはひどい。が、3月分が悪かったことは既にわかっていたことで、重要なのは今回発表された4月分。再びプラス20万人台に戻ってきたこと。これはFEDのメッセージ『第1四半期の弱さは一時的で、今後良くなってくる』という内容に一致する。

2.失業の幅広い低下
ヘッドラインの失業率5.4%は事前の予想通り。変化があったのは、労働参加率が上昇し、無職の割合が減っていること。ここは大きなポジティブポイント。より幅広い意味での失業率(U6失業率)は、10.8%へ低下した。これは、リーマンショック前の水準に最接近している。Unemployment Rate - U6チャート

3.賃金の伸びは上向き
前月比だと0.1%しか上昇していないが、前年比では2.2%の上昇となっている。マクドナルドやウォルマートが最低賃金を引き上げたことも、賃金上昇につながっている。

以上3つの理由から米ドルロングを推奨。ネガティブ要因よりもポジティブ要因の方が多く見つけられる。FRBの利上げ判断にとって最も大事な統計データは、正しく良い方向に動いています、とのこと。

個人的に見ている感じだと、この記事はドル円よりもユーロドルの今後の動きに参考になると思います。

posted by FX豪ドルマニア at 05:55| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

米雇用統計の取り組み方

今日は21時30分に注目の米雇用統計の発表があります。

事前のコンセンサスは、雇用者数23万人増、失業率5.4%となっています。

3月分が予想を大きく下回る12.6万人増で、米ドルの弱い展開が続きましたので、今回も要注目。

シティバンク尾河さんの話によると注目ポイントは、

・コンセンサス23万人を超えれるか?
・弱かった3月分が上方修正されるかどうか?
・20〜23万増程度だと米ドルに影響無さそう
・20万人増を割ってくると米ドルにとってネガティブサプライズ



個人的には、現在ポジション無しなので、数字が出た時点で、超短期で動く予定。
タグ:雇用統計 FRB
posted by FX豪ドルマニア at 15:29| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

豪ドルが急反発した理由と今後の見通し

昨日、RBAは事前の予想通り、0.25%の利下げを決定。

この決定を受けて、豪ドルは急反発。BNPパリバの説明では、

・さらなる利下げについての文言が示されなかったため、豪ドルは反発。マーケットは落胆。
・RBAは豪ドルがさらに下がると予想しているが、それをサポートする利下げは約束されていない。

今後の見通しについて、BNPパリバはAUD/USDの下落を予想。

・近いうちに下落トレンドが再開する。
・4月からのショートポジションが現在ほぼフラットに戻っており、これから再度豪ドルショートのポジションが作られる可能性がある。
タグ:AUD 豪ドル
posted by FX豪ドルマニア at 13:21| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

ユーロ買戻しの展開

アメリカでの経済指標は悪いものが続き、GDPは特にショッキングでした。

アメリカの利上げについて、6月は無理、9月も微妙、今のところ12月が可能性高い。

その影響もあり、ユーロは急激な買い戻しが進んでいる状況。

ユーロドルは、ドイツ国債との相関性が高く、ドイツ国債利回りがいったん反発局面。ドイツ国債は最大の売り場だと、ビル・グロースが発言している。

pic96efa7437225e45bd5b112be451a8c5f.png

5月4日からの週明けもユーロドルは強気。

ユーロ買戻しとドイツ国債利回り上昇で、ドイツ株式市場は調整続く。

ただし、緩和決定から4か月経過するあたりで、緩和効果は息切れするのは必定。日本もそうだったように、マーケットから追加緩和を催促される。
タグ:ユーロドル
posted by FX豪ドルマニア at 14:27| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

週足チャートから予測する、豪ドルと米ドルの見通し

2014年に入り、昨年末までの為替と状況がやや異なってきました。

弱い中国経済、新興国経済の停滞や金のポジション解消などによる商品価格の下落、豪中央銀行の連続した豪ドル高けん制発言などが理由で、豪ドルは独歩安の状況になっていましたが、今年は堅調推移へ転換。

gouen0113.jpg
豪ドル円はもみ合いが続いていましたが、そろそろ動き出しそう。移動平均線がクロス間近。

goubei0113.jpg
豪ドル米ドルはツイッターでも書いたように、非常に良いチャートになってきています。緑の長期移動平均線(だいたい0.94)くらいまでは行くと思います。ここを超えて0.975を突破するとダブルボトム完成になり、上値を狙うトレンドが鮮明になってきます。

また、米ドルについては、金融緩和の縮小からドル買いが続くのはわかりますが、未だに問題を多く抱えているユーロまでも急騰・・・ただ、やはりユーロ高は行き過ぎでした。(対円では円安が続くとみますが)

beien0113.jpg
米ドル円はいったん調整がありそうですが、下げても100円割れはなさそう。円安トレンドが壊れるほどにはならず、調整が完了すればまたグイグイと上値を狙ってきそうです。

大きな方向性として、日銀の金融緩和が続き、アメリカFRBが緩和縮小方向に進む形がある限り、円安はさらに大きく進む可能性が高いとみるべきで、ここは投資する際にもっとも頭に入れておくべきポイントです。

円買いでポジションをつくるのは、勝てる確率を下げますので、円買いのチャンスでもやる場合は短期でやるべきでしょう。

日銀は、物価上昇率2%を達成するまで緩和をするスタンスで、現状では目標に届かないため、今後さらなる緩和をやってくるのは間違いなく、円安が進む展開は非常に高い。

確実に稼いでいきたい人は、もうちょっと米ドル円が下げた場面で買っていくのが良いと思います。

posted by FX豪ドルマニア at 23:10| Comment(2) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。