2011年07月21日

スワップポイントは水曜日にまとめてもらう

以前からずっと謎だったことがありました。

豪ドルは、1万豪ドル買いポジションで毎日100円程度
スワップポイントがもらえます。

このスワップ狙いで豪ドルを買っている方も
非常に多いと思いますが、毎日同じように100円
入ってくるわけじゃないですよね。

なんか300円や400円もらえる日もあって、
これは何なんだろうとずっと思っていました。


インターバンク市場の慣習だった!

結局自分ではよくわからなかったので、
思い切って【サイバーエージェントFX】に聞いてみました。

すると、すごく単純な話で、
こんな答えが返ってきました。


『お問合せ頂きました、スワップポイントの付与につきましては、
インターバンク市場の慣習に合わせたタイミングとなっております。

その為、土日はスワップポイントが付与されず、その分につきましては、
通常、予め水曜日のニューヨーククローズをまたぐタイミングで、
まとめて3日分が付与されます。』



土日分が水曜日にもらえるわけですね。
なるほど、よくわかりました。

確かに昨日だけで、1万豪ドルで335円もらえてました。

ちなみに、【サイバーエージェントFX】では、
スワップポイントカレンダーというのがありまして、
一目で、いついくらスワップがもらえたか、
わかります。

しかも、来週、何曜日は何日分もらえるか?
までわかります。

7月29日金曜日はスワップはゼロですので、
証拠金25倍規制の話からしても、
29日を超えてポジションは持っても意味無い、と
判断できますね。

ぜひ有効に使ってみて下さい。


posted by FX豪ドルマニア at 19:46| Comment(8) | くりっく365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

証拠金規制、レバレッジ25倍への動きを読む

8月1日月曜日から、いよいよレバレッジ50倍から25倍への規制が入ります。

くりっく365の口座を各証券会社で持っているのですが、
さらっと確認してみたところ、くりっく365の場合は、
どこも同じと考えて良さそうです。

つまり8月1日の取引開始の時点で、証拠金が25倍分が無いと、
ロスカットなってしまったり、取引終了時点で証拠金不足になる
可能性があるということです。

ロスカット水準に関しては、各証券会社で違いがありますが、
50%〜60%くらいが最高というところが多いと思います。


話を具体的にするために、
ちょっと例を考えてみましょう


例えば、10万豪ドル保有していたとします。
85円で買ったことにしましょう。

現在だと、1万豪ドルの必要証拠金は1万8000円ですので、
10万豪ドルだと、18万円必要になります。

これが、このまま85円で為替が同じだった場合、
証拠金は2倍必要になりますので、36万円必要になります。


で、この人が証拠金として20万円FX口座に入れていた場合、
8月1日の時点で、16万円証拠金が足りないのですが、
50%ロスカットの場合には、まだ2万円ほど余裕がありますので、
強制的なロスカットはされません。

ただ、このままだと8月2日5時くらいの取引終了時間で、
ほぼ間違いなく、証拠金不足になるので、お金を入れる必要があります。


悪いケースを考えると、例えば8月1日の時点で、為替が30銭円高になって、
84.70円になっていた場合、為替の評価損が3万円出てきます。

そうすると、証拠金の評価は17万円に下がる形になり、
証拠金の割合が50%を割れてしまうので、
8月1日でさっそく強制ロスカットされてしまいます。


建て玉が7月末は減る!?

上記の例を考えてみても、皆さんが取る行動は同じで、
今保有している買いや売りのポジションを減らすはずです。

まあ、10万豪ドル買うのに、証拠金20万円しかない、というのは、
すぐ証拠金不足になったり、非常に機動性が下がってしまうので、
現時点でも止めておいた方がいいと思いますし、そこまで
きつきつの取引をしている方はそれほど多くないとは思いますが、
これまでの同じような証拠金バランスで取引を継続する人が
多いと思いますので、単純に建て玉が減ります。

で、それがどう影響するのか?ということですが、
これはすごく単純で、多く建てている方が、確率的に多く処分されます。

baibaidoukoudsgw.jpg

上の表を見れば一目瞭然!

米ドルもユーロもポンドも豪ドルも、スイスフラン以外は、
どの通貨ペアも大幅に買い越しになっています。

ということは、7月末に向けて、確率的にはこの買いポジションが
決済される可能性が高い
ということであって、その結果、
買いポジションが売られるというわけなので、円高傾向になってしまう、
ということになります。


7月末までの方針

しかし、
豪ドル円に関しては、また買いのタイミングに入っています。
ぼくも今日買いましたが、これは出来れば今週中に利食いたいです。

来週になると、先ほど説明した、買いポジションの決済が
いよいよ間近になってしましますので。

ツイッターで大事な場面は、連絡しますので、
よろしくお願いします。


posted by FX豪ドルマニア at 17:59| Comment(6) | くりっく365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

安心して寝る方法

ここで少しのんきな話ですが、夜ゆっくり寝る方法を
お伝えします。

FXをされている方は、深夜の時間帯の為替の動きが気になって、
(特に思惑が外れて損が大きくなってしまった場合など)
熟睡できない方も多いのではないかと思います。

ぼくも損が出ている状況で、もしも大きくさらに動くと、
ロスカットされたり証拠金不足になったり・・・という
最悪の事態が頭をよぎり、為替が気になって眠りが浅くなってしまった
こともありました。

でも今は、ちゃんと寝ることが出来ています。

やり方としては単純で、
例えば、売りを10枚建てている場合は、
寝る前に、同じ数量の買いを10枚建てる・・・だけです(笑)。

両方、同じ数だけ建てれば、損もしなければ益にもなりません。

これは、くりっく365だと出来るみたいですね。

相場の先行きに自信がない時や、忙しい時にも
両建てしておくと、売り買いでみると、損にも益にもなりません。

2,3日置いておくと、
どちらかはプラスで、どちらかはマイナスになっているので、
一応、利食いも出来ます(笑)。

スワップ金利も、買いはもらえて、売りはほぼ同じ金額を支払うので、
損にも益にもなっていません。これも大きいですよね。


posted by FX豪ドルマニア at 21:22| Comment(0) | くりっく365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

手数料一覧で比較しましょう

FXでの売買手数料が意外に重くのしかかってきていることに気づき、
どこで取引をするか、真剣に考え始めました。

今はちょうど手数料キャンペーンをやっている会社が多いですが、
だいたい9月末にはどこも終わってしまうようなので、通常の手数料で比較してみます。

くりっく365のHPには、20社出てきていますので全部チェックしました!
日計りでの決済分手数料が無料とか、そういうのは無視してます。


FX手数料最安ランキング
1位 岡三オンライン証券73円
2位 大和証券100円
3位 コスモ証券105円、小林洋行105円

以下
クリック証券150円、サイバーエージェントFX150円
野村證券150円
外為どっとコム157円、スター為替証券157円
楽天銀行189円、岡安商事189円
カネツFX210円、トレイダーズ証券210円、ひろぎんウツミ屋証券210円、ユニマット証券210円、リテラ・クレア証券210円、インヴァスト証券210円、エース交易210円
住信SBIネット銀行262円
豊商事1050円(電話?)


最安手数料は岡三オンライン証券でした!
僕が使っている住信SBIネット銀行はネットトレードで最も手数料が高い会社でした(笑)。
ぜひ参考にしてください。


タグ:手数料
posted by FX豪ドルマニア at 00:23| Comment(0) | くりっく365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

FXの手数料について

自分の取引の履歴を見て、ちょっとびっくり!
これまでの手数料が約30万円!

1回1単位の取引手数料が252円なんですが、
貯まると、けっこう大きいじゃないですか・・・汗

現在、使っているのは、くりっく365で、住信SBI銀行ですが、
探してみると手数料安いところはかなり多くありそうですね・・・

【サイバーエージェントFX】のくりっく365が安い気がしますが、
他にもあれば、みなさんぜひ教えてください。

よろしくお願いします。


タグ:くりっく365
posted by FX豪ドルマニア at 19:09| Comment(0) | くりっく365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。