2012年09月17日

米QE3決定とマーケットの今後の見通しについて

米FRBによるQE3決定により、
各マーケットには大きな動きが出てきています。


最近のアメリカ経済指標は悪いものが多く、FRBが最も注意して見ている
雇用情勢はなかなか回復してこない状況でした。


さらに、今年の11月にはアメリカ大統領選挙が行われる予定なのですが、
現職のオバマと共和党のロムニー候補は大接戦を展開中。


ロムニーは自身が勝利した場合、FRBのバーナンキ議長を再任しないと
明言していますから、バーナンキとすれば、何としてでもオバマに
勝ってもらいたい状況でした。


そんな中、行われたFOMCだったわけですから、
意外と思い切って動いてきたんですね。


QE3の内容は、MBSの買い取りを毎月約3兆2000億円、
雇用情勢が改善されるまでやり続けるということですから、
いわゆる無期限の 資金供給をおこなうということです。


ヨーロッパでは、ECBがイタリア、スペイン国債の無制限買い入れを
決定したわけですが、今回はFRBが思い切って動いてきた印象です。


ここ最近は、世界経済を引っ張ってきた中国経済の悪化が深刻化
してきており、そのため、豪ドルも徐々に売られてきたわけですが、
今回の決定を受け、豪ドルなどリスク資産への資金の流れは
強くなりそうです。


キーワードはインフレ。


もうとにかく各国の中央銀行が行っている政策は、
資金を大量に、ケタ外れに供給していくしかなくなっていますし、
たとえ思い切って対策をしても、実際には効果が薄いため、
これをやり続けていくしかなくなっているわけです。


ただし、QE3が行われそうだという観測で、
米経済指標が悪化しているにもかかわらず、
NYダウが5年ぶりの高値を取ってきたことからもわかるように、
経済の実態ではなく、金融政策によるバラまきを
反映することによる相場を状況になってきていますから、
これはちょっと物価上昇が恐ろしい状況になっています。


現状では、日本だけが金融緩和が積極的に行われていないため、
円高がひどくなってきてますが、今週18日19日の日銀金融政策
決定会合では、追加緩和への圧力が相当高まりそうです。


実際に日銀が金融緩和すれば、
これは円安方向に進むことになりますので、
やはりインフレの恩恵を受けやすく、
経済状態が比較的まともなオーストラリアは良さそうです。


日銀がもし追加緩和を行わなかった場合、
ドル円は70円を目指しそうだという話も出ていますが、
追加緩和を行う可能性の方が高そうですので、
世界各国のケタ違い緩和競争から、インフレが強くなる、
というシナリオをメインに、豪ドルの買いをおすすめします。


個人的には日本株の買いも良さそうな気がしています。


明らかにNYダウと比べて出遅れていますが、
これは為替の悪影響が強いからなので、年初来高値を更新したNYダウと
比較すると明らかに安いでしょう。


実際にこちらが動くのは、日銀会合の結果を見てからでも良さそうですが、
リスクを取りたくてしょうがない方は、先に仕込んでおくのも有りかも、
しれません(笑)。


posted by FX豪ドルマニア at 22:20| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

今後の方向をチャートで無理やり読んでみる!

何カ月か前に、原油で20万くらい儲かったので、この儲かったお金で、何か役立ちそうなツールを買って試してみますとお伝えしたっきり、その件については一切書いてきませんでした。

ただ、その後、実際に試してみて使えそうなものも結構ありました。

主に2つサインツールを買ったのですが、1つはサインが一切役立ちません(笑)。
下落のサインが出たら、ほぼ間違いなく、その後は上昇します・・・。

だから、ぼくはそこで買うんですけど(笑)。

でも、このツールも、全然違う使い方をすれば、実はけっこう使えます。
ぼくがここ最近、WTI原油取引をするときは、必ず使っていますし、
ほんとにわかりやすい形でトレードチャンスがわかります。

同じことをずっと繰り返してるんです、原油相場って。
ほんと面白いですよね。

また、機会があったら紹介します。もうちょっと精度を上げてから。


さて、今日はもう一つのツールで、なかなか役に立つゴルスパFXのチャートを
ちょっと使って、見通しを立ててみたいと思います。

このゴルスパFXは、ゴールデンスパイダーFXの略称なのですが、
とにかくよく売れてるようです。

ただ、これって、サインは色々と出るんですが、それは全部使えるサインではなく、
ゴルスパの取引ルールに当てはめて、自分で判断して取引しないといけません。
(こういうツールは、裁量系ツールと呼ばれています)

だから、このツールを買ったとしても、稼げない人はけっこう多いと思います。

ぼくもまだ使いこなせている訳ではないので、勉強中ですが、
ここ数カ月使って、なんとなく理解してきているので、それをもとに、
チャートを見てみます。

gorusupa0806a.jpg

これがゴルスパの日足チャートです。
(わかりやすいようにぼくが黄緑の線を引きました)

基本的には、時間足と5分足のチャートが別にあって、
それを中心にして取引するのですが、今回はあえて、
日足チャートを使っています。

8月2日、ECB政策会合で、新たな話がなく、ユーロは失望売りで下げましたが、
翌日大きく上昇したので、強烈な下落トレンドを一時脱したような形になっていて、
さらに下ヒゲを伸ばして、下げ止まり、右肩上がりのトレンドライン上で、
反発していますから、赤と青の移動平均線がクロスするまでは、
まだ上昇は続きそうです。

ただし、上がった場合でも、上の黄緑色のラインでおそらく跳ね返されますから、
また下にいきそうです。
(この抵抗ラインは相当強いと思われます)

その場合、下値は下の黄緑色のラインになるはずですから、
そこで跳ね返って、短期トレンドは、また上向きになってくるはずです。

で、結局は三角持ち合いチャートですから、煮詰まった後、
どちらかにブレイクするわけですね。

メルマガでもお伝えしましたが、バーナンキがQE3を発表するタイミングは、
2010年のQE2のときと同じく、8月のジャクソンホール講演ではないかと
思われますので、今年予定されている8月31日あたりは相当重要な
タイミングになってくるでしょうし、チャート的にも、あと2〜3週間後に
三角持ち合いが煮詰まりそうなタイミングとなってますよね。

ということで、チャートから読み取ると、
上がっても1.25近辺、下がっても1.22近辺くらいで跳ね返されそうですので、
そのタイミングで、1時間足、5分足のサインを一致させると、
かなりうまく稼げるのではないかと思います。

あと、このブログのリンクから、ゴルスパFXを買っていただいた方には、
特別に使えるレポート等、プレゼント出来たらと今考えていますので、
稼げるようにもうちょっとあれこれ試してみます。


posted by FX豪ドルマニア at 23:44| Comment(2) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

ユーロが売り疲れ、一旦戻してから1.20ドル割れ試す

先ほど配信したメルマガにも書いたのですが、マーケットのコンセンサスは、

『ユーロドルの1.20割れ』

なのですが、一部売り疲れも出ているようですね。

小林芳彦さんの話によると、1.2150近辺にはまとまった買いがあって、
そこで反発しているようだとのことでした。

私はユーロドル売りは継続してやっていきたいと思います。
1.2割れまではキープしていきます!



posted by FX豪ドルマニア at 21:23| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

7月6日雇用統計は予想より悪く、ユーロドル安値更新!

金曜日に発表された米雇用統計では、非農業部門雇用者数は8万人増。
事前の予想10万人増に届かず、しかも前日のADP雇用統計は17.6万人増とよかっただけに、失望売りを誘う展開となりました。


ただ、この水準が非常に微妙なところ・・・。
もっと悪ければQE3の可能性もあったのに、この程度であればFRBがすぐに動くことは無さそうです。


結果が悪かったのに、次の展開も期待出来ず、となれば、このリスク回避の動きは継続するでしょう。


せっかく欧州首脳会議で、ドイツが譲歩してマーケットが好感していたのに、あっという間にその雰囲気が無くなってしまいました。


木曜日に中国利下げ・ECB利下げ・BOE資産買い入れ拡大、と明らかな量的緩和をおこなって、しかもISM景況指数が発表される前は、米国の指標もよかったのにもかかわらず、株も商品も下げるという、ちょっと理解しづらい状況となっていて、個人的に方向感がよくわからなかったとツイッターやメルマガには書きました。


その後のユーロドルの下落や、スペイン国債の急落(ここ15年で最大の下落)などを見ていて、ここはやはりユーロ売りなのかなと思って、金曜日の夜を迎えました。


雇用統計が発表され、前日のADP雇用統計の数字がよかっただけに、マーケットも若干期待感が大きくなっていたようでしたが、こんな中、悪い数字が発表された訳ですから、リスク回避的な動きは強力になってしまいました。


さっそくユーロドルを売ってみたところ、売りが相当強かったので、これは安値を割りそうだと考え、数時間ショートをキープして、結局安値を割れたところで、利食いが出来ました。前日の異常なユーロの弱さから、ユーロを継続してショートでいった方も多かったのではないかと思います。


一方、注目していた原油ですが、雇用統計発表後も、上がったり下がったりを少しの間繰り返していて、多少QE3の可能性・期待感も見ながら、買いも入っていたようだったのですが、こちらも結局下げてしまいました。


しかしながら、ユーロと違って、下がってからも多少反発しながらという感じでしたので、それほどまだ崩れて下げているような印象はありません。


ユーロは、政策を出したばかりでこの売られようですから、週明け以降も何か強力なプラスのネタがないとリスク回避の動きは続きそうです。


まあ、ただ例年7月8月は円安推移になりやすいので、ショートのやり過ぎにもご注意ください。



(7月6日19時30分)

posted by FX豪ドルマニア at 13:29| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

スペイン国債がデッドラインを突破!

【6月15日メールマガジンより抜粋】

昨日スペイン国債の利回りが、危険水域と言われている7%を突破。
このデットラインを超えてしまうと、自国ではどうにもならないので、
支援を求めないといけない水準です。


ムーディーズ3段階格下げし、ジャンク債手前に・・・。

ジャンク債になると、元の利回り水準まで戻ることはないので、
本当に崖っぷちのところまで来ています。


また、今週あったスペインの銀行救済の話ですが、

“国が借りて、銀行に入れる”というスキームでしたが、これだと

国の格付けがどうなるかわからないので、結局動きは止めれず。


また、イタリア国債も6.3%まで利回りが上昇していますので、
ECBが大量に資金を供給したLTROの効果は、完全にはげ落ちてしまった
形です。


ただし、先ほども書いたように、デットライン超えで危機直面し、
ギリシャ選挙で急進左派が勝つ場合は、危機が最高潮になるため、
大々的な救済策が突如実行される可能性もあります。

危機がクライマックスに近づいてきましたし、何かあった時のために
各国政府&中央銀行が大きく動いてくると、相場は転機になる可能性も
十分にあり得るわけで、ここは相当な重要ポイントです。


★応援クリックお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村

posted by FX豪ドルマニア at 23:17| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。