2012年01月25日

貿易収支が31年ぶりに赤字に転落

昨日発表された、2011年通期の日本の貿易収支が2兆4927億円赤字に。
これは実に31年ぶりだそうで、このニュースは海外を飛び回っています。

ウォールストリートジャーナルでは、1面に「日本の輸出大国時代の終焉」と
特集を組んで記事を掲載しているそうです。

また、ここ最近は円買いが進んでいたわけですが、FOMC前のポジション整理と
一緒になって、かなり勢いがついた格好で、円が売られています。今日も。


ただし、注目してもらいたいのは、こちらのグラフです。
→→→ 経常収支の推移(時事通信より)

これは2011年上期までのデータしか出ていないのですが、
見ていただくとわかるように、経常収支の主なものは、今や所得収支です。


もともと円がここまで強く買われている理由は、
日本が安定して、経常収支が黒字であり続けていて、
継続して、日本にお金が入ってきているからです。

経常収支黒字分の、日本に入ってくる外貨は、
日本の円に変えられるわけですから、黒字分は、
円買いの理由になっているわけです。

例えば、2010年は経常収支の黒字は、減ってきたとはいえ、
約16兆円もありましたし、この分、外貨売りの円買いになっています。


ということで、例え2011年が通期で貿易赤字が2兆円でも3兆円でも
経常収支が黒字であることに変わりはないわけで、昨日今日の
動きにように、急激に円安に進むのは、ちょっと行き過ぎだと思います。


ただし、気になる点も実はあります。

あんまり外人さんも気づいていないのかもしれませんが、
去年の政府による為替介入の合計はいくらだったか、
みなさん知ってますか?

これは朝倉さんの本に書いてあったのですが、
なんと、ちょうど16兆円くらいになるそうです。

つまり、為替介入で16兆円分の円を売って、外貨を買っているわけです。

この数字はちょうど経常収支の黒字分ですから、
実は、昨年の為替介入によって、円買い理由の、
経常収支黒字分は、相殺されてしまっているんです。


ぼくがいずれ円が本格的に売られる展開になる、
と書いているのには、こういう理由もあります。

まだ、もう少し先になると思いますが。

posted by FX豪ドルマニア at 13:22| Comment(2) | 為替ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。