2015年05月08日

米雇用統計の取り組み方

今日は21時30分に注目の米雇用統計の発表があります。

事前のコンセンサスは、雇用者数23万人増、失業率5.4%となっています。

3月分が予想を大きく下回る12.6万人増で、米ドルの弱い展開が続きましたので、今回も要注目。

シティバンク尾河さんの話によると注目ポイントは、

・コンセンサス23万人を超えれるか?
・弱かった3月分が上方修正されるかどうか?
・20〜23万増程度だと米ドルに影響無さそう
・20万人増を割ってくると米ドルにとってネガティブサプライズ



個人的には、現在ポジション無しなので、数字が出た時点で、超短期で動く予定。
ラベル:雇用統計 FRB
posted by FX豪ドルマニア at 15:29| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。