2015年05月03日

ユーロ買戻しの展開

アメリカでの経済指標は悪いものが続き、GDPは特にショッキングでした。

アメリカの利上げについて、6月は無理、9月も微妙、今のところ12月が可能性高い。

その影響もあり、ユーロは急激な買い戻しが進んでいる状況。

ユーロドルは、ドイツ国債との相関性が高く、ドイツ国債利回りがいったん反発局面。ドイツ国債は最大の売り場だと、ビル・グロースが発言している。

pic96efa7437225e45bd5b112be451a8c5f.png

5月4日からの週明けもユーロドルは強気。

ユーロ買戻しとドイツ国債利回り上昇で、ドイツ株式市場は調整続く。

ただし、緩和決定から4か月経過するあたりで、緩和効果は息切れするのは必定。日本もそうだったように、マーケットから追加緩和を催促される。
ラベル:ユーロドル
posted by FX豪ドルマニア at 14:27| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。