2012年06月04日

ギリシャがユーロを離脱した場合のユーロドルはどこまで下がるのか?!各社の予想

ギリシャがユーロから離脱する可能性が高くなってきていますが、もし実際にそのような状況になった場合、通貨の動きも含めて、市場はどういう反応になるのか?世界的な金融機関や証券会社が予想していますので、一覧にしてまとめてみました。


野村証券
・ギリシャのユーロ離脱確率50%
・2012年下期にユーロドル1.15、ユーロ円は90円

シティグループ
・ギリシャのユーロ離脱確率75%
・日本のデフェンシブ株を選好すべき
・ヨーロッパで売上15%以上稼ぐ企業への投資は慎重にした方が良い

ソシエテ・ジェネラル
・秩序だった離脱の場合、ユーロストックスは最大10%下落
・無秩序な離脱の場合、ユーロストックスは50%近く下げる可能性

ゴールドマン・サックス
・ドラクマ復活の場合、かなりの対策をしても成長率を最大2%押し下げる
・米国債と独国債は買われ過ぎとなってオーバーシュートする可能性
・ギリシャ国内で銀行取り付け騒ぎが起こるなど、最悪のシナリオ下でストックス・ヨーロッパ600指数は2009年につけた158まで下げる可能性がある。(6月1日現在235)

モルガン・スタンレー
・ギリシャのユーロ離脱確率35%
・ユーロドルは1.10を割り込み、その水準が数年続く
・株価は20%下落
・ドルは幅広く上昇する
・より規模の大きい国がユーロを離脱した場合、ユーロドルは0.80に下落する


→→→ かなり恐ろしい予想になっていて、
    『まじかよ?』としかいえる言葉がありません・・・。
    本当に歴史的な転換点の時代に、ぼくらは生きているのかもしれませんね・・・。


★応援クリックお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村


posted by FX豪ドルマニア at 00:04| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。