2011年09月26日

今週は為替介入が有りそう。

22日の深夜、【サイバーエージェントFX】のニュースを見ていたら、
2時くらいでしたでしょうか、安住財務大臣のコメントが出ていて、
なんでこの時間に起きてるの、この人?と思っていたら、
G20に参加してたんですね。

でも、これは非常に重要だと思うんですが、
こういった国際的な会議があった直後に、
EFSF債の追加購入を検討しているとか、
円高対応のコメントを残しています。

また、野田総理とオバマ大統領が初会談を行いましたが、
沖縄の問題について、アメリカ側から結果を出すようにとの、
強いプレッシャーをかけられたということが話題になっていましたが、
これには正直違和感を感じました。

つまり、初めての会談で、こんなに上から目線で、
話をされるという展開は不自然だと思うのです。

初対面みたいなもんですよ、最初からそんな要求を
突きつけてくるのは、おかしいと思いました。

だから、この会談には発表されなかった話題があるのです。


それが、円高と為替介入だと思います。

要は、日本側が介入に関する合意のお願いをしたが、
アメリカの輸出企業にはマイナスになるので、アメリカ側は
通常であれば了解しないのに、今回は日本側がかなり強く要求したので、
今回はなんとか了解した。

だから、その反作用で、アメリカ側も日本側に強く要求をした。


この流れが一番自然だと思います。

日本の大企業は為替の影響を大きく受けますので、
その決算の9月末には介入が有るのではないでしょうか?


ただ、今円高だから・・・っていうのは、
それぞれの人によって、受け取り方が違いますので、
漠然と介入するのは出来ないはずです。

明確な介入のタイミングを決めるはずで、
それはおそらくドル円の安値更新のタイミングか、
ドル円で75円割れが起こったら、という感じだと思います。


個人的にはユーロ円の100円割れは、十分にありそうな感じがしています。

豪ドル円は72円が下値目処になると、だいまん氏が書いてました。
(今の水準でも2〜3ヶ月したら、十分儲かってると思いますけど)


おそらく現状を回復するには、とにかくお金を刷ることで、
量的緩和をかなり大規模に実行することでしょう。

債券発行でも、QE3でも何でも大規模にやれば、
とりあえずの危機は脱出できます。

ただ、それは危機を先延ばしにするだけで、
後々、さらに拡大した危機が到来するはずです。

タグ:FX 豪ドル 介入
posted by FX豪ドルマニア at 12:36| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。