2010年07月25日

豪ドルFXをおすすめする理由3

B豪ドルは動きが読みやすい

アメリカやヨーロッパや他の地域(直近でいえばドバイなど)で問題が明るみに出ると、
一斉に売られます。いわゆるリスク回避の売りだそうで、この勢いは凄まじいです。

特にアメリカ経済の影響は受けやすいので、発表される経済指標などには注目する必要があります。

要は、米国との金利差が非常に重要。

アメリカ景気が良いならば、政策金利を引き上げてくるため、豪ドルとの金利差が縮小します。この場合は豪ドルが売られます。

逆に、現在の状況のように、アメリカの経済指標で悪いものが多く出てくると、景気回復には時間がかかるため、利上げは当分無理だろうということで、豪ドルがインフレ気味で利上げが継続している間は、金利差が拡大していくので買われていきます。


ラベル:豪ドルFX
posted by FX豪ドルマニア at 22:53| Comment(0) | 豪ドルFXおすすめ理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。