2012年06月17日

ギリシャ選挙の結果予想と情報まとめ2 【ギリシャの選挙方式について】

6 月17 日に実際されるギリシャ選挙について、予想とポイントを
まとめてみましたので、ぜひご覧ください!


■ギリシャの選挙方式について

日本の場合、衆議院が小選挙区比例代表並立制ですが、参議院選挙で一部
取り入れられている『非拘束名簿式比例代表制』と呼ばれる選挙制度で、
ギリシャは選挙を実施します。

基本的に、立候補した個人名で投票するのですが、それが各党の得票となり、
各党の当選する議員数が決まります。

日本のように、名簿順位が上の人から当選する制度では無く、
各候補者の個人名での得票数により決定されます。

さらに特徴的な点は、得票率トップの政党に対する優先配分制度があって、
得票率1 位の政党には、自動的に50 議席配分されます。

下記に、5 月の選挙の結果を掲載していますが、
得票率が接戦にもかかわらず、第1 党となったND の議席が
突出して多いのは、この選挙制度のためです。

posted by FX豪ドルマニア at 16:15| Comment(0) | ギリシャ選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャ選挙の結果予想と情報まとめ1 【選挙概要】

6 月17 日に実際されるギリシャ選挙について、予想とポイントを
まとめてみましたので、ぜひご覧ください!


■ギリシャ再選挙について

6 月17 日実施し、即日開票され、日本時間の朝3 時30 分ごろ、
推計値のような形で第一報が伝わる予定になっています。
ストなどで選挙が実施できない場合には、延期になります。


■緊縮策に対する各政党の対応

▽緊縮策賛成
ND 新民主主義党
PASOK 全ギリシャ社会主義運動

▼緊縮策反対
SYRIZA 急進左派連合

posted by FX豪ドルマニア at 16:13| Comment(0) | ギリシャ選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

スペイン国債がデッドラインを突破!

【6月15日メールマガジンより抜粋】

昨日スペイン国債の利回りが、危険水域と言われている7%を突破。
このデットラインを超えてしまうと、自国ではどうにもならないので、
支援を求めないといけない水準です。


ムーディーズ3段階格下げし、ジャンク債手前に・・・。

ジャンク債になると、元の利回り水準まで戻ることはないので、
本当に崖っぷちのところまで来ています。


また、今週あったスペインの銀行救済の話ですが、

“国が借りて、銀行に入れる”というスキームでしたが、これだと

国の格付けがどうなるかわからないので、結局動きは止めれず。


また、イタリア国債も6.3%まで利回りが上昇していますので、
ECBが大量に資金を供給したLTROの効果は、完全にはげ落ちてしまった
形です。


ただし、先ほども書いたように、デットライン超えで危機直面し、
ギリシャ選挙で急進左派が勝つ場合は、危機が最高潮になるため、
大々的な救済策が突如実行される可能性もあります。

危機がクライマックスに近づいてきましたし、何かあった時のために
各国政府&中央銀行が大きく動いてくると、相場は転機になる可能性も
十分にあり得るわけで、ここは相当な重要ポイントです。


★応援クリックお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村

posted by FX豪ドルマニア at 23:17| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

ギリシャがユーロを離脱した場合のユーロドルはどこまで下がるのか?!各社の予想

ギリシャがユーロから離脱する可能性が高くなってきていますが、もし実際にそのような状況になった場合、通貨の動きも含めて、市場はどういう反応になるのか?世界的な金融機関や証券会社が予想していますので、一覧にしてまとめてみました。


野村証券
・ギリシャのユーロ離脱確率50%
・2012年下期にユーロドル1.15、ユーロ円は90円

シティグループ
・ギリシャのユーロ離脱確率75%
・日本のデフェンシブ株を選好すべき
・ヨーロッパで売上15%以上稼ぐ企業への投資は慎重にした方が良い

ソシエテ・ジェネラル
・秩序だった離脱の場合、ユーロストックスは最大10%下落
・無秩序な離脱の場合、ユーロストックスは50%近く下げる可能性

ゴールドマン・サックス
・ドラクマ復活の場合、かなりの対策をしても成長率を最大2%押し下げる
・米国債と独国債は買われ過ぎとなってオーバーシュートする可能性
・ギリシャ国内で銀行取り付け騒ぎが起こるなど、最悪のシナリオ下でストックス・ヨーロッパ600指数は2009年につけた158まで下げる可能性がある。(6月1日現在235)

モルガン・スタンレー
・ギリシャのユーロ離脱確率35%
・ユーロドルは1.10を割り込み、その水準が数年続く
・株価は20%下落
・ドルは幅広く上昇する
・より規模の大きい国がユーロを離脱した場合、ユーロドルは0.80に下落する


→→→ かなり恐ろしい予想になっていて、
    『まじかよ?』としかいえる言葉がありません・・・。
    本当に歴史的な転換点の時代に、ぼくらは生きているのかもしれませんね・・・。


★応援クリックお願いします!
にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
にほんブログ村


posted by FX豪ドルマニア at 00:04| Comment(0) | マーケットの見通し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

ネット証券の大本命がFXに殴り込み!

FX業界の顧客獲得競争やシェア争いも、だいぶ決着した感じがしますが、このタイミングでネット証券の本命がFX業界に殴りこんできました!

NEW SBIFXトレード

個人的には、レバレッジ25倍取引の場合、ほとんどヒロセ通商ですけど、このSBIFXトレードも正直凄いです。

ヒロセ通商を選んだ理由は、基本的に買いと売りのスプレッドがかなり狭いし、キャッシュバックキャンペーンとか、グルメがもらえるというメリットがかなり多いから。

まあ、今後も特に別のFX会社を使うことは無いでしょうと思っていたのですが、SBIはスプレッドが凄すぎです・・・。

豪ドル円もヒロセ通商より狭いスプレッドなのですが、何よりも米ドルのスプレッドが異常に狭いんです。

“0.19銭”ですよ、“0.19”!

ヒロセ通商ですら“0.5銭”ですから、これは正直飛び抜けて安いです。

詳しくは直接、HPを見てもらいたいんですが、ユーロドルも相当安く取引できますね、これだと・・・。

SBIFXトレード
SBIFXトレード

投資をする時は、結局コストの分は負けるといわれてますので、コストが少なければ少ないほど、勝てるチャンスが増えるということです。

コストを下げれるところは、とことん追及して下げていく努力は必ずして、そのあとテクニカルとか相場観とか勉強していきましょう。

posted by FX豪ドルマニア at 23:07| Comment(0) | FX必勝法!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。